元気予報ドットコム(タイトルロゴ)
Webサイト目次

日清製粉グループ(ロゴマーク)
  話題の健康成分、気になる病気の話等、健康生活を支援する情報サイト
特集専門医は語る
話題の健康成分
知って得する「健康キーワード」
  亜鉛と味覚異常
食物繊維と便秘
鉄分と貧血

 
スゴイ!小麦の健康成分
CoQ10.jp


日清製粉グループ日清ファルマ(ロゴマーク)  
  このWebサイトは日清製粉
グループの日清ファルマ株式会社が運営しています。
 




TOP不足すると怖い栄養素の話亜鉛と味覚異常
不足すると怖い栄養素の話
■亜鉛と味覚異常■

 「食べ物の味がわからない」「何を食べてもおいしく感じない」…そんな症状がでてきたら、亜鉛不足のサインかもしれません。亜鉛はミネラル(無機質)のひとつで、細胞を新陳代謝する働きがあります。人間の細胞のなかでも、味覚を感じる「味細胞」は新陳代謝が非常に活発なので、亜鉛が常に必要であり、不足すれば味覚障害が現れます。亜鉛が不足すると、味覚障害以外にも皮膚のトラブルや抜け毛が増えたり、免疫力が低下してかぜなどの感染症にかかりやすくなるといった症状が起こります。不妊や生理不順の原因にもなり、子供であれば発育上に影響が出てきます。ちなみに、妊娠中の女性はおなかの赤ちゃんが日々細胞分裂を繰り返して成長するために、亜鉛を大量に消費しています。だから、妊娠前とは味覚が変わってしまったり、食欲がなくなることがあるのです。亜鉛はこれまで、日本では1日にどのくらい摂ればよいかも定まっておらず、栄養素としてはあまり注目されていませんでした。しかし、最近、研究が進むにつれ、健康のためにたいへん重要なミネラルであることがわかり、また国際的にはいち早く注目されていたため、平成11年の「第6次日本人の栄養所要量」に初めて登場。国内でも一躍注目を浴びるようになりました。

「日本人の栄養所要量」記載の亜鉛所要量
グラフ:「日本人の栄養所要量」記載の亜鉛所要量
備考: 摂取上限は30mg/dayまでです。
  妊婦、授乳婦の必要量は上記の数値に+3mg加算されます。
  *人工乳の場合は3mg/dayになります。

 では、どうすればきちんと亜鉛を摂れるのか?亜鉛は穀物や豆、野菜、肉や魚など、普段よく使ういろいろな食材のなかに少しずつ含まれています。特別な食品だけに含まれる特殊なミネラルではありませんので、毎日、三度の食事をキチンと摂る。それが基本です。また、亜鉛は汗とともに排出されてしまうので、スポーツ選手など大量に汗をかく人は特に多めに摂っておきたいものです。

亜鉛をたくさん摂れる食品
牡蠣やカズノコは別格ですが、植物性食品のなかでは小麦も上位に。
(食品100g中亜鉛含有量(mg))
カズノコ 55.0mg
牡蠣 35.0mg
小麦フスマ
(当社「小麦ふすま」栄養成分)
11.0mg
豚レバー 6.9mg
牛もも肉 4.5mg
牛レバー 3.8mg


   

Copyright (C) 2001 NISSHIN PHARMA INC. All Rights Reserved